.

クレジットカードをお店で使う際、思ったことがあるかと思うのですが、スタッフがわからないことでどのレシートを客へ対して提示するのか迷うときがあります。というのも、クレジットを使うとカード端末より数枚の明細が出力されるからでこのレシートのうちどれを利用者へ渡すべきなのか迷うというケースがあるのです。複数のレシートの意味》それではこの3組綴りの利用明細についてはいかなるものなのかについては、↓の内容になります。1利用者へ渡す用の明細。2店舗控え用の明細レシート。3カード会社控えレシート(サインを書く紙)。通常であれば当然お客さんのもとへ保管してもらう紙の方を渡されるのだが、稀に、お店の控え利用明細の方を利用者のもとへ渡してしまったというケースであったり、記名された方の明細自体を渡してしまったいう大きなミスすら存在します。このケースはバイトの従業員であるとか、通常クレカが使われるケースの少ない店舗で会計する際クレジットを利用すると、こんな従業員の迷いを拝見することが出来るようです(笑)。仮に店員が違う方の使用明細というものを渡してきた際は、冷静に「間違ってますよ」などと直してあげてほしいものです。